滋賀県のホームページ制作 有限会社エクルス

滋賀県のホームページ 企画 制作会社です。Webサイトのサポートならお任せ下さい。

http://www.ecrus.co.jp

HTMLの構造

■構造タグ

作成ソフトを使ってホームページを作る場合、すべて作成ソフトが構文を作成するのでHTMLがどんな構造になっているかなど気にすることなく制作に没頭できます。しかし基本的な部分を知ることによってより高度なホームページ作りに挑戦する場合には必ず基礎知識が必要になってきます。この章ではもっとも基本的な部分のみ説明します。まずご覧になっているブラウザでこのページの「ソース」を見てみましょう。インターネットエクスプローラをご利用の場合、この画面上で[右クリック] → [ソースの表示(V)]をクリックすると表示されます。「HTMLってなに?」で説明した「タグ」で挟まれた文字がたくさん出てきましたね。これがこのページをブラウザで表示するためのHTMLファイルです。HTMLの記述にはいくつかの決まりがあります。その中でも最小限記述しなければならない決まりを説明します。

<html>
 <head>
  <title></title>
 </head>
  <body>
  </body>
</html>

 

これはHTMLの最小限の記述事項を記したものです。
<html></html>、<head></head>、<body></body>のタグのことを「構造タグ」と言ってHTMLで書かれた内容(ドキュメントと言います)の全体的な構造を示すために使われます。

■<HTML>タグ

ドキュメントがHTMLで書かれていることを宣言しています。作成したHTMLファイルのドキュメントの最初と最後に記述します。

■<HEAD>タグ

このタグで挟まれた部分には、作成したドキュメントのタイトルや特徴、製作者の情報など作成したドキュメントに関する情報を記述します。この中で、基本的にタイトル以外はブラウザに表示されません。

■<BODY>タグ

このタグに挟まれた部分にブラウザに表示させたいドキュメントを記述します。

■<TITLE>タグ

このタグで挟まれた部分にそのページのタイトルを記述します。この内容がブラウザのタイトルバーに表示されます。記述しない場合はそのファイル名がタイトルとして指定されますが、ブラウザの「お気に入り」などで登録された場合、タイトルが見出しとなります。また「検索エンジン」などでもこの部分をヒットした内容に利用されるので記述した方がいい部分です。尚、この<TITLE>タグは必ず<HEAD>タグ内に置くという決まりがあります。