滋賀県のホームページ制作 有限会社エクルス

滋賀県のホームページ 企画 制作会社です。Webサイトのサポートならお任せ下さい。

http://www.ecrus.co.jp

トップページホームページ講座 > HTMLってなに?

HTMLってなに?

■HTML

HTMLとは「Hyper Text Markup Language」(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の頭文字をとったものです。別に意味を知らなくてもホームページは作成できますが、知りたい人のために簡単に説明すると、

目印(マーク)を付けて表現方法を決定する言語(ランゲージ)で書かれたテキストを超えたテキスト(ハイパーテキスト)

と言う意味になります。解らなければ無視しましょう。(=^^=)
ここでは「マーク」と言うものに注目して下さい。

次の例を見てください。

<見出し>自己紹介</見出し>
<青い字>名前:山田太郎</青い字><改行>
性別:男

鋭い方はもうお解りだと思います。
ウィンドウズの「メモ帳」で文字を書いた場合すべて同じ大きさの文字になりそれを変えることはできません。また、文字に色を付けることもできません。作成したテキスト文書の拡張子を「.html」に変えてインターネットエクスプローラなどのブラウザで開くと同じように単純に文字だけを書き並べた状態で表示されます。さらに「メモ帳」で改行を入れてもブラウザでは改行もされません。HTMLでは、どの部分をどのように表現したいのかを決定する方法として「タグ」と呼ばれるマークを付ける、と言う決まりがあります。上の例で言うと<見出し>〜</見出し>や<青い字>〜</青い字>の部分がタグにあたります。

タグの説明

この例では意味を解ってもらえるように日本語で書いていますが、実際は英数半角で表記し使用できるタグにはそれぞれの意味があり一定の決まりの中で記述していくことになります。また、例外を除き、タグは最初を示すタグ「<コマンド> 開始タグ」から終わりを示すタグ「</コマンド> 終了タグ」の挟まれた部分でタグ内のコマンドに相当する効果を表現しています。上の例を実際のタグを使って記述すると次のようになります。

<h2>自己紹介</h2>
<font color="#0000FF">名前:山田太郎</font><br>
性別:男

試しに上の3行を「メモ帳」にコピー・貼り付けして保存し、拡張子の部分を「.html」に変更して下さい。この時「拡張子を変更すると・・・」と言うダイアログボックスが出ますが気にせず「OK」をクリックしましょう。アイコンがお使いのブラウザのアイコンに変わりましたね!それをクリックまたはダブルクリックで開けて見ましょう。タグの部分は表示されず、<コマンド>から</コマンド>で挟まれた部分の文字が、下のように大きい文字や青い文字に変わったと思います。この例はタグの説明を部分的に表したものですが、HTMLは、これらのタグを利用して決められた文法に従って記述します。

自己紹介

名前:山田太郎

性別:男