滋賀県のホームページ制作 有限会社エクルス

滋賀県のホームページ 企画 制作会社です。Webサイトのサポートならお任せ下さい。

http://www.ecrus.co.jp

トップページホームページ講座 > 制作から公開まで

ホームページの制作から公開まで・・・

■コンテンツの検討

コンテンツの検討初めてホームページを作成するにあたり、あなたは最初に何をしますか? いきなりホームページ作成ソフトを立ち上げて作りだす・・・なんて方はいないでしょ!
最初に「ホームページで何を公開するか?」を検討しますよね。「コンテンツ」という言葉をよく耳にしますが、この「何を公開するか?」にあたる、情報の内容の事をコンテンツと言います。このコンテンツの良し悪しで、そのホームページの60%が決定されると言っても過言ではないと思います。

例えば「私の履歴書」と言うホームページを作ったとしましょう。はたして何人の方にそのホームページを見てもらえるでしょうか?ほとんどの訪問者は1度限りの閲覧になると思いませんか?よほど有名な人物でない限り世界中の人々にとっては関係のないことです。要するにホームページで公開する内容は不特定多数の人々にとって有用な情報でなければ意味をもちません。
これが「私の趣味」と言うホームページならどうでしょう?もしかすると同じ趣味を持った方に見てもらえる可能性はあります。コンテンツを充分検討し決定した上で次のステップに進みましょう。

■情報の収集

情報の収集コンテンツが決定すれば、次に公開したい内容に関係する素材を用意します。
伝えたい内容の文書作成や画像の収集をします。ここで注意しなければならないのが「著作権」「知的所有権」などの法律的な問題です。インターネットの普及により色々な情報の取り込みが大変便利に出来るようになりました。「このホームページに使われている画像は綺麗だから自分のページにも使おう!」なんて考える方いませんか?「著作権フリー」「無料画像」などと書かれていて「利用規約」などで「報告は入りません自由に使って下さい。」と書かれているものならかまいませんが、それ以外のものを勝手に使うことはできません。

これは記載されている文書においても同じことが言えます。「絵心がないから・・・」と言われる方はホームページ作成ソフトに添付してある画像を使うか著作権フリーの画像素材集を購入するなどするといいでしょう。

■ホームページの作成

いよいよホームページの作成です。HTML言語で各ページの作成をします。
「えっ!?HTMLって何?」当然出てくる疑問ですよね!ホームページはこのHTMLと言われる言語で作成されます。この章では深く考えないで下さい。HTMLについては後ほど説明します。ホームページ作成ソフトを使えばHTML言語を意識することなく作成できます。ここでは、ホームページ全体のデザインに付いて考えましょう。インターネット上には色々な顔をしたホームページが存在します。先ずは自分のイメージに合ったホームページを閲覧することです。「ホームページ作りは模倣(もほう)から」とよく言われます。気に入ったホームページを、そのまま利用するんじゃなくイメージを参考にする事は罪にはなりません。但し、いきなり複雑な作りをしたページを参考にしようとしても無理です。先ずは、簡単なページに挑戦しましょう。ホームページ作りに終わりはありません。自分の技量に合わせてホームページも成長させればいいことです。

■リンクを貼る

リンクを貼るこのページを見ている方に「リンク」が何であるかの説明は必要ありませんね。自分の作ったホームページに関係する他のホームページにリンクを貼らせてもらうことによって訪問者はより詳しい内容や関係する内容を簡単に見つけることができます。またリンクによって広がりのあるホームページの作成が容易にできます。但し、リンクを貼る場合、リンク先の了解が必要な場合があるので注意して下さい。必要な場合は、メールでその旨を連絡します。相手先からリンク許可をいただければOKです。

■全体の確認

作成した各ページの内容やリンク先に間違いがないかの確認をします。

■サーバへ転送

今までの説明は、すべて自分の使っているパソコン内で行ないました。出来上がったデータを公開するには自分の契約しているプロバイダやレンタルサーバなどのコンピュータに転送しなければなりません。転送にはFTPソフトというものを使います。たいていのホームページ作成ソフトにはこのFTPソフトもついています。

■最終確認

インターネットに接続して自分のURLにアクセスしてみます。意図するとおりに表示できれば完成です。画像が表示されず「×印」がつく場合はリンクの記述に間違いがあるなどの原因があります。自分のパソコン内のデータや利用しているサーバに記述されている注意事項をもう一度確認してみましょう。

■公開

最終確認と公開すべて確認できれば、いよいよ公開です。サーチエンジンなどに登録して多くの方に見てもらえるようにしましょう。